ベスト

最高のパンクドラマーは誰ですか?

トラヴィス・バーカーがすぐに頭に浮かびます。過去25年間で最も影響力のあるドラマーの一人として、彼は現代のパンクロックドラムの代名詞となっています。トラヴィスは、The Aquabats、Box Car Racer、+ 44、The Transplants、そしてもちろん最も有名なBlink-182のドラマーでした。ドラマーとして参加した楽曲は非常に多く、ヤング・ジージーやリル・ウェイン等の人気ラッパーを始め、ブリトニー・スピアーズを初めとするポップ・ミュージック業界まで多岐に渡ります。数多くの有名なヒップホップアクトとコラボも多いですが、2011年に独自のソロ・アルバムを制作しました。そのアルバムは、ヒップホップ色が非常に強く、全米ビルボード200にて、なんと初登場9位とするヒットを記録しました。トラヴィスの能力とテクニックについて、オンラインで多くの分裂的な議論の対象となっています。しかしながら、サウンドと外観の両方において、トラヴィスはとても個性的で魅力的なドラマーだと思います。彼は世界でとても有名なドラマーの一人であり、彼の音にはすぐにトラヴィスだとわかるユニークさがあります。