ホビー

ドラムはギターより難しいですか?

何年もの間、たくさんのミュージシャンがこの質問に答えてきましたが、いつも全員が違う答えを持っています。最近、ギターとドラムを両方始めた私の友人は、ギターの方が難しいと言います。彼によると、ギターは音階があるので、音階が無いドラムの方がぜんぜん楽だそうです。ドラムは、楽器の中でも音を出すことが簡単なので、一番簡単な楽器として扱われやすいようです。ある程度のレベルに達するまでは、ギターの方が難しいとよく聞きます。しかし極めるとなると、ドラムの方が難しい楽器だともよく聞きます。ギターとドラムの両方を長くやっているミュージシャンにとっては、どちらかというとドラムの方が難しいということもよく聞きます。私も個人的にはドラムの方が難しいような気がします。ドラムの奥深さや難しさをもっと知りたい方は、是非一度ドラム奏者の苦悩を描いた映画作品映画『セッション』ご覧ください。ドラムには高度な器用さが必要で、様々なビートタイミングを維持しながら、いろいろな種類のドラムを出来るかぎり完璧に叩く必要があります。ドラムは、単純に音を出せれば良いのではなく、裏付けされた基礎と高い技術や相当な練習量が必要だと思います。